上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランチタイム in 職場(笑)


ごきげんよう、熊です。
いくら休憩時間が「順番で」の職場とはいえ、これはキツイ!
こんなところを誰かにみられたらオタク扱いされてしまうぜ(汗)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん?
いまさらじゃね?
ちなみに「けいおん!」より「らき☆すた」のほうが好きな今日この頃です。


さて、そんなブログのネタのためだけに買った昼食はともかくとして
最近はよく通販を利用してしまっている近況報告を少し。

まぁ利用しているといっても頻度はそう高くありません。
それに購入するモノの9割は地元(田舎)ではあまりお目にかかれないマニアックな本ばかりです。
残りの1割は絶版、もしくは売り切れ中の音楽CD等です。

主に使うのは「セブンアンドアイ」
書籍のほとんど(てか今のところ10割)はここです。
利点は近所のセブンイレブンで数日間保管してくれるところ。
つまり、24時間何時でも取りにいけるということ。そして代引き手数料や送料がかからないところですね。
我が家は全員が仕事に出ているので、日中は誰も家にいません。そんなわけで配送されても受け取れないんですね。時間指定できない場合のほうが多いですし…そんなわけで
セブンアンドアイ最強伝説!!ってなかんじです。

次に使うのはご存知amazon。
私はクレジットカードを持っていないので基本的に現金引換えになるのですが、その手数料が意外とイタイ(涙)それに、前述のとおりなので、配達の二度手間が起きてしまうことが多いのです。
とはいえ、通常の流通品(通常値段)しか扱わないセブンアンドアイと違って、
1:割引のある商品がある。
2:絶版でも中古品がある。
という利点があります。もちろん中身が確認できない中古品は少し怖いのですが、絶版品を購入できる利点は大きいです。

最後は…いわゆる同人ショップの通販。
店舗に無いモノでも通販で指定店舗に送ってもらう、ということが出来ます。
辛いのは、その手の同人ショップはセブンイレブンと違って、大阪市内(ぶっちゃけ日本橋)に行かなきゃないということ。とはいえ、普通に流通してないのだからこれくらいは許容範囲ですな。


そんなわけで最近の戦利品を

こんなのと


こんなの


一枚目上のCD二枚。amazonで購入。もはや何も言う必要はあるまい。
妖刀伝サウンドトラック炎情の章と破獄の章
一枚は定価だがもう一枚は送料以下の値段だったのは内緒デス。

同じく一枚目下の左と中央。
同人CD、東方関係でございます。メッセサンオーの通販でございます。
売り切れだったのですが再販されていたようなのでゲット!

最後に一枚目下の右と二枚目。セブンアンドアイで購入。
MCあくしずは前から興味アリアリのミリオタ向け雑誌なんですが…
何というか、ミリオタと萌えオタの両方を取り込もうとして
ミリオタな萌え豚さん専用って感じになっている気がします。
ターゲットせばめてるYO!!
内容はミリオタ的にも萌えオタ的にも十分面白いものなのですが…なんか
「評判いいけど間口が狭くて入りにくいお店」ってカヲリがします(笑)
ま、熊的にはどストライクだけどな!!
ぶっちゃけ萌えは程々のほうが好きだけど…

で、MCあくしずのとなりは…
うん、みなまで言うな!!
しかしここで明言しておかねばなるまい。
つまり、私の巫女好き属性についてである!
結論から言うと
神社大好き(神社の雰囲気、建築様式、歴史等)=神職さんに痺れる憧れるぅ!(背筋がピンと伸びてて凛々しい。神社の雰囲気に合う。男女問わず)=巫女さん萌え(神職さんと同じ理由)≠巫女のコスプレであります。
↑ここに注目!のっといこーるでございます。
で、ありますから、先日友人に連れられていった巫女カフェなるところで
巫女「以前言ってた巫女さん好きの人って誰ですか?」
友人ズ「こいつ」三人で私を指差す。
巫女「あ、そうなんですか~♪」
というのはなんかチガウンデスヨカンチガイナンデスヨ巫女ノコスプレシテタラナンデモイイワケジャナインデスヨダカラオイシイナコイツミタイナメデミナイデクダサイヨオネガイシマス!!巫女サンハァハァ
うん、そんな感じ♪


ああもうなんかお腹一杯です。
そうそう最後にもう一枚のCDについて。
眼鏡助手キターーーーーーーー!!これで熊はあと10年は戦える!!
ということでひとつ。

え?お腹一杯じゃないのかって?
眼鏡の助手は別腹deth!!
おあとがよろしいようで。



















二段落ち

お、お腹一杯デスヨ?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。