上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数日前、身内の御通夜で十数年ぶりに会った友人が
「最近、週に一回は日本橋に行ってるよ。あの辺もいろんな店ができたね。」と言っていたので
「すわ、同類か!」と密かにワクワクしながら今日会ったら、
たんなるゲーム好き一般人と判明。笑顔で会話しながら
心の中で涙を流しました。

ごきげんよう、熊です。
あ~、カミングアウトしなくてよかった。

さて、そんな心の葛藤はともかく、懐かしき友人と日本橋に行ってきました。
もちろん大阪の日本橋です。
そう、「東のアキバ、西のポンバシ」と称されるオタクの聖地ですね。
友人がパソコンに詳しくなっていたため、その辺の知識がまったく無い私は色々話を聴きながらパソコンショップなどを回ったりしていたわけですよ。
そのあと、一緒に食事をしながら四方山話をし、再会を約して解散、帰りに続編が数年ぶりに出たミステリーの新刊などを購入して帰宅したわけですが・・・・・・・・・
今日も日本橋はメイドさん日和でした。

いやぁ、三日も続けてメイドさんの出てくる記事はどうかと思ったんですが、ここは敢えて書かねばなるまい。真のメイドスキーの血がそうさせる!

とはいえいつもの「メイドさん、ハァハァ(`Д`)」な話ではありません。
つまり真のメイドスキーはメイド喫茶のメイドさんでは物足りない!というはなし。(濃いぞ)
当たり前のことですが、メイド喫茶で働いていらっしゃるメイドさんを誹謗中傷するわけではありません。あくまで主観、趣味嗜好の話ですのであしからず。(偏ってそうだ・・・)
基本的に私の好きなメイドさんというのは、イギリス(正式名称はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国。United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland、略称UKなわけですが、日本固有の通称、イギリスで通します)の、いわゆるヴィクトリア朝時代のメイドさんなわけで、
けしてフレンチメイド女中さんではないわけです。
フレンチメイドのミニスカートなどはもってのほか、やはり基本はエプロンドレス!女中さんにいたっては
マジカルアンバーを思い出すので勘弁して下さい
…(ノД`)
いや、琥珀さんは好きなんですよ。琥珀ルートは泣きましたし・・・でもあんな人が身近にいたら、色々やばいところまで知られちゃいそうで怖いんデス・・・orz
閑話休題。何をいいたいかというと職業意識からくる責任感が表れている凛々しさというのが好きなんですね。
たんなる妄想かもしれませんが、当時の(現在の本職の方も含め)メイドさんってそういうところがあるような気がします。

たとえば・・・


エマ (1) (Beam comix)エマ (1) (Beam comix)
(2002/08/26)
森 薫

商品詳細を見る


こんなかんじ(笑)
つまるところ、紳士である私としては、
落ち着いた趣きのある喫茶店背筋の伸びたウェイトレスさん
エプロンドレスを着ているほうが
限りなくハァハァ(`Д`)するわけです!(結局ハァハァしてんじゃねえか)

故に!翡翠たん最高!!(だから少しは自重しろよ!)






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tukinowatei.blog25.fc2.com/tb.php/11-2b430a8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。