上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.29 危険空域
最近、欲しいゲームがことごとくPSPででるのはどういうことでしょうか・・・
DSの「ソフト」は興味深いものも多いのですが、「ゲームソフト」に関してはPSPの方が断然気になる今日この頃。

ごきげんよう、熊です。
何の話かって?アイマスに決まってるでしょう!
・・・振り回されてるなぁ、私。


さて、本日はこんな情報を
トム・クルーズ、22年ぶりに『トップガン』のマーヴェリック役再び?こちら
トップガン2キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
まぁまだ企画段階のようですが・・・

私の戦闘機好きは、間違いなくトップガンの影響です。
あの作品は熱かった!
王道の中の王道でしょう。
トップガントップガン
(2006/04/21)
トム・クルーズ

商品詳細を見る


腕はいいが生意気なパイロット。トップガンのなかでも一、ニを争うが仲間の死を引きずってしまう。
しかし最後の最後でそれらを振りきり・・・
あ~もう格好良すぎるよマーベリック!

トム・クルーズの出世作にもなるわけですが、これの続編かぁ。
正直楽しみだけれど不安もあります。
まずストーリー。生意気な女パイロットとトップガンのインストラクターであるマーベリックが出会う。
ってそれ、前作と同じシチュエーションですから!Σ(゚Д゚;)
そして、前回はまだ米ソ冷戦の時期だったので「敵」がいたこと。
やはり戦闘機乗りの映画は戦ってこそ華があるわけですが、今回「敵」はどうするのか?
ロシアやイラク、なんてのは問題がありますしね。米軍内での離反者、なんて設定も軍が許すとは思えません。
次に音楽。当時の映画は音楽にも力をいれていたという事で、曲を聞いたら映画のワンシーンが頭に浮かんでくるような名曲ばかりです。
「Danger Zone」なんていまだに口ずさみますよ。あの発艦シーンは映画史上の名シーンだと思います。
ちなみに、アニメ「機甲戦記ドラグナー」の第一期OPで、D-1が空母からの発艦シーンはこのシーンに影響を受けたから、だとか。
今、それだけのものを作れるのかどうか・・・特に過去の名作は美化されますからね。
その他諸々あるわけですが、一番危惧しているのは
CGで誤魔化されること。
前作は当たり前ですがCGなんて使っていません。すべて実際に飛んで撮影したものです。たった一箇所だけ合成したシーンがありますけれど。
正直飛行シーンなんかCGでも綺麗に再現できます。有機物はともかく、無機物は見間違うほどですから。 サンプル↓

映像閲覧注意 (^^;)



そんなこんなで不安材料も多々ありますが、基本的には期待している作品です。
今回の機体はおそらく「F/A-18E/F スーパーホーネット」
ふははははは、本気で楽しみだ!!
公開は最短でも来年末くらいになるのかな?企画倒れにならないことを願って、ノンビリ待ちましょう。

最後にトップガンのパロディ作品を紹介。
ホットショットだろう、って?
違います。素人が作ったトンデモ作品です。苦手な方は御遠慮ください。
なお、トップガンを知らない方には少しわかりにくいものになっています。
あらかじめ御了承下さい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tukinowatei.blog25.fc2.com/tb.php/112-dc08356e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。