上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おにぎり「好き」は97.7%こちら
私も大好きです。一番好きなのは鮭ですね。

ごきげんよう、熊です。
たらこも好きです。ただ、どこぞの自称「ヒゲでデブ」なディレクターと同じで
梅干は苦手です。
やべ、唾液がでてきた・・・


さて、本日はマクロスF #17 グッバイ・シスターの感想です。
なんというか、初っ端から死亡フラグが立ちまくりの回想です。
そうか・・・オズマ、君とはもうお別れなんだね、としんみりしてしまいました。
しかし、「料理(家事?)は苦手だが頑張ってつくったよ」キャラはどうしてエプロンに大量の「いろいろ飛び散っちゃったよ」痕を残したままなのか。(笑)
あと、右手にのみ絆創膏をはっていたのは彼が左利きだからでしょうか?
チケットと珈琲をおいて出て行く後姿にちょっとウルッときました。

OPが星間飛行なのはオズマ少佐の鎮魂ですか?
そんなことを思いながら一緒になって’キラッ!☆’とかやっていたのは秘密です。(・・・・・・)

アルト&ミハエルお仕置きだべ~の巻。
女連れ込む裏技と実際に連れ込んだ罪なわけですが、シェリルを艦橋に通したセキュリティーはその後どうなったんでしょう?(笑)実際この程度のお仕置きなら甘いほうだよね。自分達で墓穴掘りまくってるわけだし。
「鬼」「だから男が寄りつかねぇんだよ」
いやいや、婚約者がいますから。
しかも大統領府首席補佐官っスよ。
「己の不明を悔いるがいいわ!」
まぁ疑心暗鬼中なんですけどね。('A`)

とりあえずミハエル君。怪しい薬をテープで貼るだけってのはどうかとおもいます。
そして今回のヤマ場其の一、ツンデレクラン。
クラン、可愛いよクラン!(*ノ≧∀)ノ
正直ランカもシェリルもいまいちな私としては、この様にアピールされるとクラッときます。
ずっと小さいままでいてください。
だがしかし!長耳には興味ありません!!
ディードリット並に残念だ・・・
ミハエルはスラッとして金髪の子が好み?それじゃしかたないな、大尉殿。
この作品の野郎どもに朴念仁以外はおらんのか?あ、ボビーがいたか。彼は・・・微妙だねぇ。

ハッキング対策が必要というのは難儀です。
現実世界でもある程度は必要ですが、今回の相手は素子さん並ですからなぁ。公安9課は電脳と荒事が得意です。(作品が違うぞ)
婚約者がかなりの確率で怪しいというのは辛いでしょうね、って元カレと密会してるのもなんなんですが。
しかしオズマの声が甘すぎます。死亡フラグ、少しは自重してください。
ところで実際にパインケーキって美味しいんでしょうか?
「お前もお前の夢も、俺が守る!」
影か~らブレラ♪君か?引導を渡すのは・・・

今期の課題この作品のセキュリティーが無能な件についての対応(笑)
裏も見張れよ、間男がきてるぞ!
第二次世界大戦中、一部のイタリア軍は「夜は相手も眠いだろうから夜襲はないだろう」とぐっすり寝こけて夜襲されたとか。黒服はイタリア出身の末裔か?

「今、誰もいないの。だから」「あんまりジロジロ見ちゃ駄目だよ」
そう言われても慌てないアルト姫、本日3人目の朴念仁です。
「隊長シスコン。」そう言って欲しかった。(おい)
愛KUN(異星生物)は病原体などを保菌している可能性があります。気をつけましょう。てか気づけ!
地球上でもその手の話はよくあることです。
「生き残るのが連中か俺達か。」
シェリルとランカもですな。
「あたし歌うね、精一杯!」
前向きなのは良いことだ。とりあえずベッドの上で立つなら履物は脱ぎなさい。(笑)
でもちょっと可愛いと思った今日この頃デス。

「フォールドクォーツ、不可能を可能にする魔法の石」
第五元素、宇宙を満たすエーテル。すなわち賢者の石ですね!(あながち間違いではないのがなんとも・・・)
しかしそんなものを持っていたシェリルの母親は何者?
物流と通信を独占することの先ってなんだろう。色々考えられますが、レオンとグレイスのタッグだとよくない事を考えてそう、って思ってしまいします。(笑)

そして本日のその時、研究所に潜入をたくらむオズマを襲う怪しい影、ブレラ登場!
そしてついに・・・あれ、ここじゃない?
対バジュラ戦か。
とりあえずナナセ嬢はスルーしておくとして(こらこら)
グレイスさんにエイリアス疑惑浮上。もう何でもありだな、この人・・・
戦闘開始。バジュラの適応能力と『歌』の意味。衝撃の展開の中
「戦う意思が欠片でも残る限り、俺は戦う!戦ってみせる!!」
「妹も、惚れた女も、護れないでなにが男だ!」

「ロックだねぇ」
「演歌だろ」
燃える、燃えるぜ!
熱いぞスカル隊!約一名は置いてけぼりなのもこの際スルーだ!(笑)
「無駄なことを」とか言いながら確実な援護をするブレラ。
ようし、戦場がオズマの死に場sy・・・・・・あれ、まだですか?

ランカの初ライブ。惚れた女と妹、大事なものを見つめるオズマ。
おや、ランカの歌声に反応している卵から出てくるのは愛KUN?てことは愛KUNはバジュラの幼生!?
とか考えてたら・・・・・・きた。その時がきた。
オズマ、あんた最高だよ。ガンダム0083のバニング大尉クラスの格好良さだぜ!

「って死んでたら最高に感動的だったんだけどねぇ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・は?

生きてたよ━━━━!!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
やれやれ、それもありかなぁ。
とりあえず監督さんをはじめスタッフの皆さんは
死亡フラグだけど殺さねぇよ、騙された?ざまぁ
m9(゚∀゚)ニヤニヤ
とか思ってそうだよね。(失礼な事をいうな)
タイトルのグッバイ・シスターは、オズマの「妹ばなれ」ってことなのかな?

そんな中、完全に忘れ去られていた人登場。
「話し合う」との事ですが、予告を見る限り捨てられるのは確実です。
彼女が復活する日はくるのか!?・・・正直どうでもよかったりして。(おいこら)

次回も楽しみです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tukinowatei.blog25.fc2.com/tb.php/117-b12f6eb5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。