上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.16 図書館興亡?
「コミケットスペシャル5」テーマはまちおこしこちら
応募する自治体ってあるのかなぁ・・・

ごきげんよう、熊です。
しかし「24時間耐久コミケ」なんてあったんですね。
「まちおこし」というくらいだから大きな都市ではないのでしょうけれど、交通の便などもありますから簡単にはいかないでしょうね。そもそも3月は年度末では?ほんと、応募する自治体ってあるのかな。
某神社の例もあるし、伊勢でやるってのはどうですか?
巫女さん満載ってことでひとつ。


さて、本日はこんな記事を御紹介。
堺市のホームページに「BL本の購入数教えて!」の市民の声こちら
確かに大量に開架されるのはどうかと思いますが、別にいいんじゃないの?と思ってみたり。
あ、先に言っときますが、私こと熊は「BL」に関して
まったくもって興味ございませんのであしからず。
正直どれだけの量の本が開架されていたのかはわかりませんが、リクエストがあったうえで購入した本なら開架しても問題ないと思います。棚一面とかなら別ですが・・・

「そのような内容が一般に少女向けの本であることには驚きを隠せません。」
というのも認識不足と言えるかもしれません。勿論、悪い意味ではありませんがね。

堺市の図書館は私もよく使用させていただいてます。
といっても堺市民ではありませんし、堺市で就業もしていません。
ですが私の住んでいる自治体の近くにある、ということで地元の図書館にない本を予約した場合、大抵堺市の図書館から借りてきていただけます。
地元の図書館にない本を堺市の図書館のHPで検索すると、1冊から3冊ほど該当するときがあります。で、図書館に予約をしに行くときに
「堺市の図書館にあるようなのですが・・・」と伝えると届くんですね。ありがたい話です。
複数の冊数があるのは堺市が大きな都市だからでしょう。
政令指定都市にも指定されています。
ちなみに堺市には、図書館が7ヵ所・分館が5ヵ所・その他の図書施設が2ヶ所あります。
ですから今回の調査結果である所蔵冊数5,499冊という数も、5,499種類の本ではないと思います。

それと、堺市の図書館はすごいなぁ、と思うのは「高価な本」や「絶版された本」もけっこうあることです。
本を読んでいるときに「参考文献〇×」と出典を著しているものがあります。
読んでみたいな、と思っても専門的なものは見つけにくいのですが、堺市の図書館で見つかることも多いんです。
ありがたいことですし、感心します。まぁ私の趣味と合っているだけかもしれませんが・・・

色々書きましたが、線引きは難しいと思います。
たしかに過激なものは書庫にいれるほうがいい。しかし需要が多いのなら開架するほうがいいでしょう。勿論、良識の範囲内でですが。
最近は世間の良識も変わってきていますし、良識よりも自分だけの見識を持って非難や批判をする人が増えていますが・・・それに5,499冊というのは大きな数字ですが、ピンポイントだけではなく全体からの視点でも考察する必要があるでしょう。
この一点のみをもって図書館の在り方を云々するのはどうかと思います。

図書館の自由に関する宣言
図書館は、基本的人権のひとつとして知る自由をもつ国民に、資料と施設を提供することをもっとも重要な任務とする。
この任務を果たすため、図書館は次のことを確認し実践する。

第1 図書館は資料収集の自由を有する
第2 図書館は資料提供の自由を有する
第3 図書館は利用者の秘密を守る
第4 図書館はすべての検閲に反対する
図書館の自由が侵されるとき、われわれは団結して、あくまで自由を守る。
日 本 図 書 館 協 会
1 9 5 4  採 択 
1 9 7 9  改 訂

いまだに言論の統制を行っている国が(日本の近くにも)存在するなかで、これは素晴らしい宣言だと思います。
間違った方向へ流されないようニしていただきたいですね。

何度もいいますが、私はBLなんてモノには興味ありません。
しかし、これを理由に図書館の活動を云々するやつは絶対に許しません!!
あしからず。

だって、色々な本を読みたいじゃない・・・・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tukinowatei.blog25.fc2.com/tb.php/165-ca584841
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。