上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あきたこまち」萌え米袋に続き、今度は西又葵デザインラベルの焼酎が発売こちら
・・・・・・・・・・・・・・もはや何も言うまい・・・・・・・・・・・・・・・

ごきげんよう、熊です。
価格は1200円だとか。焼酎にせよなんにせよ、お酒は詳しくないので価格が適正かどうかわかりません。特に焼酎はのまないもんなぁ・・・
誰か購入して感想聞かせて(笑)


さて、本日は喰霊 -零- episode01 葵上の感想です。
原作は読んでないのですが、どうやら原作とはまったく違うアニメだそうです。
原作の話を解釈しなおして、というわけでも無く新しくキャラクターでのお話とか・・・・・・
大丈夫か?
ま、原作を知らない身としては問題ないわけですがね。
面白ければそれでよし!

感想の前に一言。放送前のCMを観たときから思っていました。
主人公はどう見ても図書館戦争の堂上教官です。
見た目的にも、中の人も(笑)
あースッキリした。では感想へ!(おい)

なにやら過去に近しい人を亡くしたような主人公、観世トオル。コードネームは特務77。
どうやらキーとなるのは青い翅の蝶。いや、蝶の翅かな?
同僚のバイク乗り、春日ナツキ。コードネームは特務33。
バイクでミニスカートは危険だ!と思ったらスカートではありませんでした。もはや病気です(涙)

首都高速で事件発生。消防隊員の前に現れたのは
防衛省超自然災害対策本部特殊戦術隊第一課通称「特戦一課」。
彼らは悪霊が原因の災害を専門に扱う部隊。
通常では見えない悪霊をシーカー越しに確認し、特殊武器で次々と悪霊を抹殺していく!
どうでもいいが、シーカーが片目ってのは不便でならないような気がします。
霊水を散布し弱らせたところで雑魚どもを抹殺完了・・・とおもいきや
なんかでっかい悪霊が出てきて雑魚も復活。哀れ「特戦一課」はボコボコにされるのであった。

危機一髪のところで登場する主人公たち。
彼らは「特戦四課」。シーカーが無くても悪霊を補足できる部隊。「特戦一課」なんて目じゃないぜ!
弾頭に刻まれた真言が素敵です。
なによりタイヤに真言を刻み、ブラックマーク(タイヤを空転させて描くタイヤ痕)を結界にしたり、タイヤを悪霊に接触させて倒すバイクアクションに惚れた!!
やべ、マジで格好いい。
進藤マサキ (特務55)と葛野クドウ(特務11)もチルトローターで合流し、残りの大物も撃滅だ!!
で、コードネームが全部奇数であることにはどんな意味があるのでしょう?

なんか政府の対策本部らしきところでオッサンどもがごちゃごちゃ言ってますが(こら)
これって原作の話なのかなぁ?判断がつきません。まぁ保留ってことで。

後始末の中でレッドツェッペリンの歌詞(?)がでてきてましたけど、作者の趣味か何か?
青い蝶の翅をみつけるトオル。
そこに新たな敵が現れたことが告げられた!
告げたのはオペレーターの和泉マミ。公式サイトで「典型的な萌っこ」とか紹介されてるんですけど(笑)

現れたのは先ほどと同じカシャ。「火車」かな?サラマンダーみたいなヤツですが・・・
って、サラマンダーのほうがすぐに連想できる現状ってどうよ?(笑)
今回の相手は先ほどの火車の30倍?でかいって!
大量の霊水を確保する為の作戦が提示され、動き始める「特戦四課」。
ここからの流れもいいですね。でも
公共施設を破壊しまくって作戦を行うなんて、無茶がすぎる!(笑)
それだけ大変な事態ってことかな?

作戦の最終工程でミスをおかしそうになるトオル。原因はまたも青い翅。
しかしなんとか作戦を終了させ一安心な「特戦四課」。
だが・・・

ええええええええええええええええええええええええ!?
突然現れた相手に全滅させられた!?

相手は日本刀らしきモノをもった女性。弾丸さえも叩き落す。
オペレーターは何かにとりつかれて隊長を射殺し、自分自身も。
そして隊員4名は女性に皆殺しにされる。
しかもヒロインらしきナツキは首を・・・
その間三分足らず。
おいおい、どんな展開だよ!?
どうやら相手はトオルの知り合いのようですが・・・
この先どうなるのでしょう。

原作を御存知の方は、最期に出てきた女性は〇〇ではないか?と予想されていましたが
こっちはそんなこと知っちゃいねぇ。
来週を楽しみに待つとします。
そして爆発したチルトローターの燃える音のみがED。この演出に感動した!

これは夢オチか?
蝶の翅による幻覚作用ってのが一番初めに思いついたことなんですけど・・・どうだろう?
しかも次回予告が無い。
公式で主人公とされている人物だけに、いきなり総取替えではあるまいが・・・
あぁもう気になるだろうが!

あと、タイトルの葵上(あおいのうえ)は何を意味しているのか?
一番初めに思いつくのは「源氏物語」なんだけれど・・・
「源氏物語」は詳しくないんだよねぇ。
たしか源氏の正妻で生霊がどうとか・・・違ったっけ??
まぁいいや!(笑)

来週も楽しみです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tukinowatei.blog25.fc2.com/tb.php/188-17d93df9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。