上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにゃくゼリー:窒息事故相次ぎ13社が製造中止・休止こちら
行きつくところまできちゃった?

ごきげんよう、熊です。
事故米の際には自殺された方もいらっしゃいましたが、また波紋が広がりそうですね・・・
日本はこの先、大丈夫なのか?


さて、本日は機動戦士ガンダムOO 2nd #05 故国燃ゆの感想です。
イノベーターの中にも反感や競争なんてあるのかしらん。
ティエリアもどきは新キャラにムッとしてましたが。

GN粒子散布装置。SEEDでも同じようなものがありましたね。てか新ロックオン
疑ってくださいと言わんばかりの情報通だな(笑)
マリナと沙慈の保護をカタロンに頼むのは当然として、沙慈にも伝えておいてあげてください(涙)
カタロンとCBが手を組むことはありえない。しかしカタロンとしてはコネを作っておきたい。
必死ですね、当然だけど。
ゲリコマはともかく、政府打倒・・・というより祖国の自立かな、を行うには資金も戦力も不足すぎるだろうし。
GNドライブは独占されてるもんね。

さすがミスターブシドー、孤高だぜ!
単なる我が儘さんだけどな!(笑)
で、単独行動の免許を出してるのって誰?
アロウズのトップは「カタギリ」だからその関係なんだろうけれど。

ソーマ、セルゲイパパのいう「あの件」はやはり養子か。
光源氏計画でなかったことに安心です。(おい)
マリナ、やっと服装が・・・
質素な感じが良く似合う第一王女でありました。優しさって大事だよね。・゚・(ノД`)・゚・。
刹那の一番思い出したくないことまで思い出させちゃってるけどさ。
ティエリア、君の冗談はわかりにくいよ。
・・・冗談だよね?

沙慈って後先考えないで行動するよね。
セルゲイパパがいなけりゃ拷問ものだよ、これ。
「な~に、簡単な推理だよ。」このセルゲイパパ、ノリノリです(笑)
それなのに盗み聴きに気付かないのがスミルノフクォリティ。
ルイスと沙慈の遭遇もありか?と思ったけど持ち越しですか、残念。

盗み聴きした情報をアロウズに流したヤツは、まぁ当然とはいえ越権行為でもあるわけですが。
「今回の情報は俺の手柄だぜイエアッー!」とか思ってんでしょうね。
いきなり大ピンチなカタロンと沙慈。
しかし砂漠なのに砂漠迷彩のない陸上兵器ってどうよ?(笑)
予算か?予算なのか!?
出撃→即破壊、だからどっちでもいいんだけれど。
オートマトンで大虐殺なわけですが・・・
戦争の非道さをあらわす演出とはいえいえ、怖いものがあります。
あとアレルヤ君、前線の兵士はいちいち罪の意識を持っていられんとおもうよ・・・

「興がのらん!」の一言で離脱する乙女座のブシドーはさすがです。
兄貴とは性格的にも(当たり前だけど)違う新ロックオン。やっと内面の個性がでてきたかな。
それにしても、オートマトンを破壊するガンダムを呆然と見ていたソーマは軍法会議にかけられたりせんのか。
未来の義兄弟が庇ってくれるかもしれんがね。って養子は辞めか?
そして遂に「戦争」に一歩を踏み入ってしまった沙慈。
自分の行動で人の平和を乱す(壊す)側になったわけですが、ルイスのように壊れないでね。
ある意味巻き込まれたとはいえ、大変です。

結局ラスボスはこいつか!?と期待させるサーシェスさん、やっと登場。
相変わらずの戦争屋さんなわけですが・・・
お前らオープンチャンネルで会話でもしてんのかよ!
と突っ込んだのは私だけではないはずだ。(笑)

次回からは、沙慈もそうだけどマリナもCBに戻るしかないのかなぁ?
マリナは帰りたいだろうけれどさ。
で、次回予告で映っていた手はもしかしてコーラ・・・
うん、妙な期待はやめよう(笑)
でもああいうお馬鹿キャラがちょっと必要かな、なんて思うんですけどね。
実戦では何の役にも立ってないんだけどさ!

次回も楽しみです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tukinowatei.blog25.fc2.com/tb.php/240-9e54592f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。