上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.30 意識
豚の角煮でもつくろうか、とスーパーに豚バラ肉を買いに行って
いかなごの釘煮を大量に買いこんできました。
おかげで生姜とたまごと白葱が冷蔵庫の中でご立腹です。
そのうちクサっちゃうぞ!みたいな?(オチつけてんじゃないよ)

ごきげんよう、熊です。
釘煮があればご飯何膳でもいけますよ!


さて、今日もアニメのお話。
ジブリの新作が2008年7月に放映されるとか。作品名は「崖の上のポニョ」
んでもってキャストの発表がありました。

 ポニョ                :奈良柚莉愛(8歳)
 宗介                 :土井洋輝(8歳)

 耕一(宗介の父 貨物船の船長):長嶋一茂(43歳)
 リサ(宗介の母)           :山口智子(43歳)  
 フジモト(ポニョの父親)      :所ジョージ(53歳)
 グランマンマーレ(ポニョの母)  :天海祐希(40歳)
 ポニョの妹たち(妹たち全員の声):矢野顕子(53歳)

 ヨシエ                :吉行和子(71歳)
 トキ                  :奈良岡朋子(78歳)

はい、さようなら。(おーい)
いやぁ、宣伝効果だの観客動員寄与だの、もう、うんざりなんですよ。(あーあ、言っちゃった)
映画だって無料ではつくれません。とうぜん制作費分を回収して、次の作品を創る準備が必要です。そのための宣伝、そのためのアドバルーンが必要なのは重々承知の上で物申します。うんざりだ、と。

いまだ上映されていない作品についてあれこれ言うのはフェアではありません。
役者の世界には「はまり役」と言うのもありましょう。たとえ未熟でも、ハマッているが故に最高の演技に「見える」と言うのもあります。
でもね、このキャスティングで、最高の演技力が発揮されるなんてとても思えないんですよ。

勿論、今回のキャストの皆さんを誹謗中傷するものではありませんよ。
今回のオーディションで選らばれたお子さんは存じ上げないんですが、他の方々はそれぞれの場所で活躍されていらっしゃる人ばかりです。尊敬いたします。でも、それはそれ、これはこれ。
アフレコというのはかなり特殊なお仕事だと思います。普通に演技をするだけでは、とうていうまくいかないでしょう。おかげで、宣伝効果のために起用したキャストでの失敗例にこと欠きません。
期待作でそんなことされた日にはもう最悪です!何度枕をぬらしたか!!(半分は涎だがな)

オホン、要は製作者サイドの問題。最近のジブリの作品(とはいえ、最初から最後まで観たのはもののけ姫までですが)は
作品としての完成度を無視しているように思います。それがキャスティングだというお話し。
役者というのはすごく奇妙なポジションにいます。製作過程すべてに参加しているわけではありません。実際に参加している時間は、製作関係者ではいちばん短いかもしれません。
たとえばアニメの場合、原画、動画の人がいて・・・と役者以外の人たちがたくさん製作に関わっています。映画にせよ演劇にせよ、裏方スタッフはたくさんいます。
それでも作品が評価されたとき、同じく評価されるのは監督であって、役者であるわけです。花形です。
だからこそ、役者には責任があるのです。
たとえスタッフがどんなに最高の作品を生み出しても、たとえ不朽の名作となるような作品であっても、役者が駄目ならその作品は駄作になるんです。

私は何も声優をつかえ、と言っているわけではありません。最高の演技ができるなら、タレントだろうがアイドルだろうが素人だろうが構いません。しかし、ここ最近の作品で、最高の演技できてますか?
途中で役者の演技にうんざりして観るのを辞めてしまうような作品はありませんか?感動したからもう一度観ようって思いますか?

アニメ、映画、演劇。こういったものは、生きていく上でまったく不要なものです。なくても死にゃしませんし、どってことのないものです。しかし、だからこそ、お金を払ってでも観にきてくれる人がいる以上
現時点で最高のモノを作るのが義務なのではないのでしょうか。
と、そう思います。
この意識がない人はもはやクリエイターや役者ではあり得ない。
どんなに大衆に受けようとも、名作にはなりえません。
できの悪い商品を、宣伝文句だけで売り飛ばす場末の商売人と同じです。

で、今回のキャスティングは最高のモノなんですか、ジブリさん?

繰り返しますが、今回のキャストの皆さんには、なんら含むところはございません。頑張って最高の演技をしてください!
しかし、今日の記事を読んで関係者でなくとも不快に思われる人はいらっしゃるとおもいます。
なんにも知らない奴が偉そうに理想論を唱えてるんじゃない!とお怒りになっている方もおられるでしょう。
我が身の不徳のいたすところでございます。申し訳ございませんm(__)m
批判、反論受け付けます。でも
私の意見はかわりません。(クリエイターとしての意識のところですが)

まぁ関係者がこんなブログ観てるわけないんだけどな!
(そりゃそうだ)


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tukinowatei.blog25.fc2.com/tb.php/29-512144bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。