上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はい、続き其の参です。
若しくは其の惨です。

さて、大阪城をでて地下鉄中央線に乗り込み本町駅へ。
向かうはコメダ珈琲店 大阪本町店。
待ってろよシロノワール!と鼻息の荒い熊。
何故そんなにシロノワールが食べたいのか。それは
この本を読んだから。
甘栗と戦車とシロノワール甘栗と戦車とシロノワール
(2010/02/26)
太田 忠司

商品詳細を見る


作者の太田忠司さんは名古屋在住の作家で、これまでも何作か名古屋を舞台とした物語を書いていらっしゃいます。
好きなんですよ、この人の作品。
ちなみにこの作品は二作目。前作の甘栗と金貨とエルムも面白いですよ。
さくっと読めるミステリーです。そして
何事にも影響されやすい熊でございます。

そしていざシロノワー、もとい、コメダへ!
店を発見し……発見し……あれ?
電気が点いていない?でも従業員はいる?年中無休だよね?
そのとき誰かが言った。
「本日休業って書いてある。」
え、何かの準備中?なんでやねんΣ(゜Д゜ノ)ノ
ピンポイント過ぎるでしょ、いくらなんでも。・゜・(ノД`)・゜・。
こうして我が野望は潰えたのであった、まる

さてさて、閉まっているものは仕方がない、てなわけで飲みに行こうということに。
目指すは知る人ぞ知る骨付鳥 一鶴心斎橋店→こちら
以前に一度連れて行ってもらい感動したのを覚えています。
本町から心斎橋まであるき、到着は16:00過ぎだったか。平日は17:00からですが、土日祝はお昼前から営業しています。
もう相変わらず美味でございました。
時間帯も良かったのか、窓側の良い席。
ビールをグイグイ、骨付鳥をモグモグと堪能いたしました。
それはもうブログの為の写真を撮り忘れるほどに!
困ったものです。

さらにもう一軒、というわけで同じビルの一つ下の階へ。
そこには英国風パブ HUB 心斎橋店こちら
しかもhappy hourということでカクテル半額の時間帯。

さあ、飲むぞ!
CA3G00660001.jpg

ちなみに真ん中に鎮座ましましてるのは1リットルタワービア
私が写真用にと無理矢理我が師garabouにお願いしたものです。
さすが師匠、紳士だ。
「ガンダムUC」のプロモーションムービーで、何故ジェガンの紹介だけフルボッコシーンなのかと問いかけた私に
「ジェガンだから!」と清々しく答えるだけのことはあります。

雄姿上から
CA3G00670001.jpg

下から
CA3G00680001.jpg
下から見るととんでもないよね、これ。

ところで私はカシスソーダを飲んでいたのですが、ふと独りごちました。
「もう少し(アルコール度数の)強いものを飲みたいな」と。
その一言がノインブラザーズに火を点けた(笑)

HARD TYPEと書かれたメニューを取り出し、あれがこれがと語りだす。
色々お酒の知識を持っていらっしゃるなぁ、と感心することしきり。
そんな中、私がオーダーしたのは
「天国への階段」アルコール度数68.0%
メニューに曰く、
いわくつきのリキュール「アブサン」にフルーツ氷菓を加えた最強のカクテルとのこと。

べ、別に、うみねこのく頃にを思い出したからじゃないんだからね!
やはりオンリー・ワンよりナンバー・ワン。
CA3G00720001.jpg
下はゲスト出演、比較対照garabouさん。友情出演なのでノーギャラよ♪

さてさてお味なんですが
想像よりもカッとこなかった?もっとクルかなぁと思ったんだけどなぁ。
あ、後味はよろしくないですよ(笑)さすがニガヨモギ。
ノイン氏曰く「罰ゲーム向き」……なるほど。
ま、好みは人それぞれだからね。

こうして今回の集まりは終了。お疲れ様でした。
私の趣味に付き合ってくれてありがとうございます。
次こそはシロノワール!(笑)

100名城巡り:残り99城

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tukinowatei.blog25.fc2.com/tb.php/314-f5b1e6a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。