上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.07 ・・・・・・
仕事中に、これでもか!とメールで送られてくる写真の数々・・・
とても楽しそうなバーベキューの様子さ!
鬼畜とは奴らの事をいうのだろう。

ごきげんよう、熊です。
ホントはご機嫌ナナメなわけですが・・・
思わずブログで晒してやろうかと思うくらい楽しそうでしたね、コンチクショウ!!


さて、そんなふうに屈折した方法で友情を表現してくる友人達。
そんな中、ひときわ友を気遣うメールが一通。

発信者:garan師
時 間:17:31
件 名:シャーリーが
本 文:シャーリーがあああ


Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)・・・・・・ちょ、ちょっと待って!!
帰宅するまで40分、生殺しってこのことですか?
いつか仕返ししてやる!(返り討ちにあいそうだな)

とりあえず帰宅。そしてTVとレコーダーの電源オン!
どきどきしながら「コードギアス反逆のルルーシュR2」を観ました。
・・・長い前振りだ。

TURN 13 過去からの刺客の感想です。
導入は悪い夢。うむ、王道だ!いつもなら寝起きで肩がはだけている姿を見て、ふおぉぉぉぉ!とかいってるのに、初見で完全にスルーしていた私。かなりきてますね(笑)
で、新OPがFLOWなわけなんですが、OPってある程度今後の展開を反映します。
そう思ってワクワクしながら観てました。
うーん、ラスボスは皇帝ちゃんよりシュナイゼルとジノっぽいかな。
あと紅蓮は・・・取り返せそうにない?ランスと同じウイング(?)になってるし・・・
てかあの宇宙船艦はなんだ?(笑)
ほかにもツッコミどころは多々ありました。咲世子、くの一ver.とか、リバルの投げキッスとか・・・
なかなか好いOPだったので見返してたら・・・
シャーリーがいない!?嗚呼・・・・・・(涙)
「銀河英雄伝説 第8巻 乱離篇」の目次で「魔術師、還らず」という文字を見たときを思い出しました。あのときはすぐに読めなかったんだよなぁ。(遠い目)

気を取り直して続きを。
まず一言。パラメーター化するな!(笑)ひとしきり笑ったところで考察。
パラメーターの二番目は戦闘力でファイナルアンサー。三番目は、神楽耶が最高値なところから求心力か統率力、かな?四番目はゼロへの忠誠とみた。カレンが最高値だし。問題は一番目・・・政治力(統治力)かなぁ。
とりあえず、玉城が最低なのはガチ!やるな、ルルーシュ。

前腕より長い武器を前腕に仕込んでいる男、ジェレミア。貴様もやるな(笑)
しかしジェレミアが咲世子に致命傷を負わせなかったのは、「ルルーシュ様の為に!」というセリフ故なのだろうか?咲世子にとどめをささない理由が他に見当たらないんですが。

扇とヴィレッタの恋愛フラグはグットエンドへ一直線。
そしてルルーシュとスザクの仲直りフラグはシャーリーのおかげで立ったっぽいわけですが・・・
シャーリーの事を任された警備員は、あとでスザクにボコボコにされるフラグも立てましたとさ。
おかげでシャーリーは死亡フラグ一直線!この時点でどうあがいても無理だなぁ、と諦めた私がいました。
「待ってて、ルル!独りきりになんてさせないから!」
くっ、もう涙腺が・・・!

さらにここから怒涛の展開!まさかジェレミアがここまで漢だったとは!
さんざん「オレンジ~オレンジ~」と馬鹿にしてごめんなさい。

そして、ついにやってきた「その瞬間」
ええ、覚悟はしてましたが、ここまで完全な「死」をみせられるとヘコむものです。なにしろ「日常の象徴」だったわけですから。
それにしてもルルーシュは、ある意味において最大の理解者であったユフィを自分のミスで亡くし、そして最愛の人を巻き込んで亡くしてしまったわけですよね。
うん、泣いていい、泣いていいんだよ・・・俺も泣くから!

そして新ED・・・ってカレンがいない!マジデスカ!?ということで見直しましたがいませんでした。
う~ん、シャーリーと差し替えとかかなぁ。それともギアスをかけられブリタニアに、ってそれは無いか。ナナリーと一緒だしね。まぁ冷徹ヒステリック眼鏡女も一緒なワケなんですが・・・。
ED最後のイラストを観てルルーシュとスザクは協力・・・とまでは行かなくても共闘するかも、な感じですね。
しかしCLAMPは装飾過多の長剣(?)が好きだなぁ、と思ってみたり。
ま、私も好きなんですがね♪

最後に皇帝とV.V.について。
「僕らは誓ったんだ。人々を争わせるような神なら、殺してしまおうって」というV.V.のセリフ。
皇帝はシュナイゼルの越権行為やルルーシュの反逆を許している(放置している)わけですが、それはつまり、ボード・ビュラードの言葉をきっかけに星団侵攻に乗り出した、アマテラスのミカドのようなものなのかもしれません。(FSS)
アマテラスは(恐怖政治で)全世界を支配する。それに対抗するために、人々はより強い結束力をもって悪(アマテラス)を倒し平和な世界を築く。
つまり、争いを無くすために強力な力で世界を支配する。その我々を倒すことのできた「モノ」は、より良い方法で、より強く、世界を「争いの無い状態で支配できる」ということ。
だから可能性(適正?)のあるシュナイゼルやルルーシュは放置する。


違うかなぁ・・・?
ただ、マリアンヌ殺害の真相はまだ全然なんですよね。
何故マリアンヌは護衛を減らしたのか?
彼女は襲撃を察知していたのか?
何故皇帝がシュナイゼルに命じて死体を運び出したのか?

そして、ビスマルクをはじめ新キャラは
OPにもEDにも出て無かったので、ヤラレキャラって事でいいのでしょうか?

あと1クールで収まるのか、コレ・・・

なんにせよ、来週が待ち遠しいです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tukinowatei.blog25.fc2.com/tb.php/82-fa2bd130
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。