上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拉致被害者「戻すべきだった」=日朝交渉停滞の原因-自民・加藤氏こちら

ごきげんよう、熊です。
この記事が事実だとしたら、いくらなんでも失言でしょう。
しかもこの時期に。自民党の株を狙って下げているとしか思えません。
この記事が事実でない事を望みます。
自国民を売るような政府はあってはなりません。
絶対に。


さて、今日は図書館に行ってまいりました。
特にこれを、という本はなかったのですがまぁぶらぶらと。
で、こちらを発見。アドルフに告ぐ

アドルフに告ぐ (1) (手塚治虫漫画全集 (372))アドルフに告ぐ (1) (手塚治虫漫画全集 (372))
(1996/06)
手塚 治虫

商品詳細を見る


手塚 治虫さんの作品はほとんど読んだ事がない私。
絵柄が苦手なのと、子供の頃にブラックジャックを読んで怖くなったことがあったから、なんですが今読んでみると抵抗なく読めます。うん、面白かったです。

三人の「アドルフ」
アドルフ・ヒトラー
アドルフ・カウフマン
アドルフ・カミル
の人生を描いた物語。
もっとも、メインはカウフマンとカミル、そして狂言回しの役をあたえられた峠草平ですが。

手塚作品の中でも最高傑作のひとつという評価もある。とのことですが、確かに面白い。
全5冊、一気に読んでしまいましたね。
最後のカウフマンとカミルの二人のシーンで、はなぜかエリア88の最後を思い出してしまいました。
しかし、時代背景的なものもあるのでしょうが、ハッピーエンドで終わって欲しい私としては辛い結末でした。
もう少し報われたっていいじゃないか・・・。

他の手塚作品はどうなんでしょう。なにかの読みきり作品で、友人が作者の描いた絵を持って神風特攻隊の任務を・・・という作品を読んだ記憶があります。
正直とても怖かった。実体験かどうかは定かではないんですが・・・。
明るい、というか肩の力を抜いて読めるものはないものか。
面白いのにどっと疲れる作品でした。でも人にはお勧めしたい作品かな?

そしてさらにガンパレードマーチを思い出した今日この頃。
何故だ・・・orz

久々にやってみようかなぁ。でも時間が・・・
うん、ガンパレのアニメでも観るか!?結構好きなんですよ、あのアニメ。
世間では黒歴史扱いされてるけどね!(笑)

・・・やはり私は異端なのか?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tukinowatei.blog25.fc2.com/tb.php/84-a1fe5888
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。