上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.16 図書館興亡?
「コミケットスペシャル5」テーマはまちおこしこちら
応募する自治体ってあるのかなぁ・・・

ごきげんよう、熊です。
しかし「24時間耐久コミケ」なんてあったんですね。
「まちおこし」というくらいだから大きな都市ではないのでしょうけれど、交通の便などもありますから簡単にはいかないでしょうね。そもそも3月は年度末では?ほんと、応募する自治体ってあるのかな。
某神社の例もあるし、伊勢でやるってのはどうですか?
巫女さん満載ってことでひとつ。


さて、本日はこんな記事を御紹介。
堺市のホームページに「BL本の購入数教えて!」の市民の声こちら
確かに大量に開架されるのはどうかと思いますが、別にいいんじゃないの?と思ってみたり。
あ、先に言っときますが、私こと熊は「BL」に関して
まったくもって興味ございませんのであしからず。
正直どれだけの量の本が開架されていたのかはわかりませんが、リクエストがあったうえで購入した本なら開架しても問題ないと思います。棚一面とかなら別ですが・・・

「そのような内容が一般に少女向けの本であることには驚きを隠せません。」
というのも認識不足と言えるかもしれません。勿論、悪い意味ではありませんがね。

堺市の図書館は私もよく使用させていただいてます。
といっても堺市民ではありませんし、堺市で就業もしていません。
ですが私の住んでいる自治体の近くにある、ということで地元の図書館にない本を予約した場合、大抵堺市の図書館から借りてきていただけます。
地元の図書館にない本を堺市の図書館のHPで検索すると、1冊から3冊ほど該当するときがあります。で、図書館に予約をしに行くときに
「堺市の図書館にあるようなのですが・・・」と伝えると届くんですね。ありがたい話です。
複数の冊数があるのは堺市が大きな都市だからでしょう。
政令指定都市にも指定されています。
ちなみに堺市には、図書館が7ヵ所・分館が5ヵ所・その他の図書施設が2ヶ所あります。
ですから今回の調査結果である所蔵冊数5,499冊という数も、5,499種類の本ではないと思います。

それと、堺市の図書館はすごいなぁ、と思うのは「高価な本」や「絶版された本」もけっこうあることです。
本を読んでいるときに「参考文献〇×」と出典を著しているものがあります。
読んでみたいな、と思っても専門的なものは見つけにくいのですが、堺市の図書館で見つかることも多いんです。
ありがたいことですし、感心します。まぁ私の趣味と合っているだけかもしれませんが・・・

色々書きましたが、線引きは難しいと思います。
たしかに過激なものは書庫にいれるほうがいい。しかし需要が多いのなら開架するほうがいいでしょう。勿論、良識の範囲内でですが。
最近は世間の良識も変わってきていますし、良識よりも自分だけの見識を持って非難や批判をする人が増えていますが・・・それに5,499冊というのは大きな数字ですが、ピンポイントだけではなく全体からの視点でも考察する必要があるでしょう。
この一点のみをもって図書館の在り方を云々するのはどうかと思います。

図書館の自由に関する宣言
図書館は、基本的人権のひとつとして知る自由をもつ国民に、資料と施設を提供することをもっとも重要な任務とする。
この任務を果たすため、図書館は次のことを確認し実践する。

第1 図書館は資料収集の自由を有する
第2 図書館は資料提供の自由を有する
第3 図書館は利用者の秘密を守る
第4 図書館はすべての検閲に反対する
図書館の自由が侵されるとき、われわれは団結して、あくまで自由を守る。
日 本 図 書 館 協 会
1 9 5 4  採 択 
1 9 7 9  改 訂

いまだに言論の統制を行っている国が(日本の近くにも)存在するなかで、これは素晴らしい宣言だと思います。
間違った方向へ流されないようニしていただきたいですね。

何度もいいますが、私はBLなんてモノには興味ありません。
しかし、これを理由に図書館の活動を云々するやつは絶対に許しません!!
あしからず。

だって、色々な本を読みたいじゃない・・・・・・
「ゆずり車線」初登場 川井の国道106号こちら
<<「追い越しをさせようにも、スペースと気持ちに余裕がない」との声に対応した。
・・・・・・気持ちに余裕がないなら車に乗るな!
事故のもとです。

ごきげんよう、熊です。
こういうこちらの都合にそちらが合わせろ!
という発想が最近増えてますよね。
気持ちに余裕のない人は、「ゆずり斜線」があっても使わないでしょう・・・・・・しかし
運転が不得意な方らが安心して走れる優しい道路
という言葉に、違和感と、限りない恐怖を感じます。


さて、本日は一冊の本を買ってきました。
こちらです。

別冊図書館戦争 2 (2)別冊図書館戦争 2 (2)
(2008/08)
有川 浩

商品詳細を見る


別冊の第2巻がでているのを知りませんでした・・・・・・orz
知ったのは、9日に放送された「Top Runner」に、原作者の有川浩さんがゲストとして出演されていたのを見たからです。
この人の作品は大好きなんですよ。ご本人もおっしゃっていましたが、この人の作品は
ベタ甘なんです!!もちろん甘いだけではありませんが。(笑)

で、別冊図書館戦争Ⅱ。感想を書こうと思ったんですが
どこをどう書いてもネタバレ過ぎる!!
多少のネタバレはともかく、本編を読んでみようかな?なんて思っている人がいた場合、即アウトです。
そんなわけでちょっと自重。
アニメにもなったんで、そのうち本編の方は感想を書こうかな、と思っております。
しかし本の感想は書くのはエネルギーを使うしなぁ・・・
実は今まで、何冊か下書きとして感想を書いているんですが全て途中で止まっています。
理由は「ネタバレの線引き」
アニメは基本的には「受動」ですから、ある程度ネタバレしても・・・って思うんですが
読書は「能動」ですから、先を知っていると進まなくなることが多いんですよね。
そして「どこまで書くか」
簡にして要をえた感想が基本なんですが、書きすぎてしまうんです。
まぁこれは個人的なものですが・・・
こうして日々下書きのメモが増えていく!(笑)

それにしても
もともと本の感想をメインにすえたかったこのブログ。
そのような痕跡は欠片もありませんが(笑)
ぼちぼちやっていきたいと思います。

妙な方向へそれましたが、図書館戦争は面白いです。
現実の図書館でも引っ張りだこで、予約が詰まっている状態。
是非読んでみて下さい。
基本的にハッピーエンドなんで読後も爽やかな気分になれます。

あ、でも電車の中では読まないほうがいいですよ?だって
読み始めたらニヤニヤしちゃいますから!!
はたから見たら変態ですな。
人工筋肉によって変形・装着する超未来的なバイク「機械仕掛けの神」こちら
凄いけれど乗りたいとは思わないなぁ。

ごきげんよう、熊です。
高速移動時に道路とドライバーとの間に何もなくなるんですよね。
小石や泥が跳ねまくってエライことになりそうです。
関西サイクルスポーツセンターを思い出した今日この頃です。(笑)


さて、本日は一日本を読んでいました。
なんか久しぶりです。予定もなく雨も振っていたのでまったりとしちまいました。
TVもつけず、PCの電源もいれず、マグカップ片手に優雅に読書。
実に10時間!
・・・・え、ちょっと待て!?じゅうじかん???しかも
家から一歩もでてません。
朝9時に起きて19時まで、布団とトイレと台所(珈琲のお湯を沸かす為)をいったりきたり。

何の生産性もないまま終わってしまいました。
本も以前に読んだものばかりですしね。
まぁたまにはこんな日もあっていいでしょう。

19時からは簡単な食事を作り、ノイン氏にかりたDVDを観ていました。
しかし笑える作品を観ながら食事をするものではありません。
喉がつかえて悶え死にそうになりました。あれは反則です!
奥さんパイ喰わねぇかぁ!
腹が痛すぎる・・・

結局本日は
起床→読書→夕食→悶え死にかける→終了。
まぁたまにはこんな日もあって・・・
よかねぇよ!ヽ(`Д´)ノ

みなさん、人生は計画的に過ごしましょう・・・・・・orz

ちなみに本日読んだ本
「花の慶次」全18巻
「神戸在住」全10巻
「シュート」 全66巻 以上コミックス

「QED」シリーズの1冊 新書版
です。
そりゃ時間かかるわ・・・・・・
2008.08.29 ドキドキ
【雨のち晴れ、時々オートバイ】人よりネコが多い島
こちら
私は猫が好きです。犬も好きです。
でも猫には嫌われます。

ごきげんよう、熊です。
何故か猫は懐いてこないんですよねぇ。たいていの犬とは仲良くなれるのに・・・
昔実家で飼っていた猫は、私をみると襲い掛かってきました。
家に誰もいなくなると鳴いて寂しがるので傍にいてやると、はじめはじゃれついてくるのですが途中で攻撃態勢に入ります。御存知ですか?猫って
全身の毛を逆立てて斜に構えたまま襲い掛かってくるんですよ!
君を知ったその日から僕の腕には生傷が絶えな~い♪
喉や顔を狙われました。どこまで本気だったんだ!?


さて、本日はこんな記事を御紹介。
ハイテク技術で「死海文書」文字判読へ、将来はネットで一般公開もこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!!
マジデスカ!?
死海文書ですよ死海文書!旧約聖書写本といわれるあの文書!
一時期、ローマ・カトリック教会の総本山であるヴァチカン(ローマ教皇庁)に都合の悪いことが記されている為、ヴァチカンが文書の公表を差し止めているというがながれた写本です。まぁ事の真偽は不明ですが。

死海文書については昔から知りたいと思っていました。
とはいえクリスチャンでもありませんし学者でもありません。
「死海文書」という言葉の響きに惚れただけです。(笑)
しかしマイナーなのか、関連性のある本は少なかったです。いえ、あったのかも知れませんが、なかなか目に入りませんでした。
で、所謂「世紀末」でもある90年代後半にいきなり死海文書の文字が入った本が目に付くようになりました。
もちろんこれは、いわずと知れた「新世紀エヴァンゲリオン」の影響です。
(作中の死海文書は現実のモノとは別物ですが)
でも中身がねぇ・・・
何冊か読みましたが、死海文書のことを書いている本は少なかったです。
表紙にエヴァのエの字も書いてないのに、作品にたいする自分の評価や推論を展開していたり、死海文書の発見の様子を書いた後はヴァチカンの擁護、もしくは批判だったり・・・
結局、死海文書の中身に触れている作品は・・・・・・

ぶっちゃけた話、内容云々は単なる教義のそれこそ「写本」に過ぎないかもしれません。
公開されても私は解読できませんから、翻訳などがついているのを読むしかありませんが
浪漫がありますよね!

記した人物、団体なんかも少しずつ解明されてくるのでしょうか?
中には地球外生命体が書いたという話もあるとかなんとか。
はっ、情報統合思念体!?
なんにせよ、続報を待ちましょう♪

なお、バチカンではこれらの書を異端として未だ認めていないそうです。
むぅ、まさしく浪漫だ!!
2008.08.12 ヽ(´▽`)ノ♪
古典の名作にユニークな装丁こちら
色々あるもんですねぇ。

ごきげんよう、熊です。
無地な装丁よりもいいかもしれませんが、イラストである必要はないかと思うんですが・・・
私個人としては風景画なんかが好きです。
こんな伊豆の踊り子はヤダなぁ。だってヒロインは××歳のはずなのに。


さて、本日は待ちに待った作品の紹介(?)です!
Fate/Zero material
待ってましたよ本当に!!
思っていたより厚いのでなお好し!
では順番に参りましょう。
・・・とその前に、若干ですがネタバレがあります。お気をつけ下さい。
では気をとりなおして!

まず、今まで掲載されたカラーイラストとサーヴァントのステータス。
この辺りは小説に載っていたものですが、バーサーカーのステータス解説は初出なんですね。
本編の補足というかんじ。

次にCharacters
登場人物のラフ画と簡単なコメント。
初期デザインのアイリがアイマスの三浦あずさそっくりで萌えた(笑)
しかし今回の珠玉は「セイバー」です。
ぶっちゃけセイバーは凛や桜にくらべて好きではなかった私。
萌え云々ではなく、ストーリー敵にも凛編や桜編の方が好きだったんですよ。
しかしFate/Zeroでの苦悩っぷりと報われなさっぷりで密かに脳内順位があがってました。
そしてラフ画の一枚
三つ揃えスーツセイバー!・・・カッコイイ(;・`д・´)
ちょっと惚れました。やっぱりセイバーは「可愛い」より「格好いい」のほうがしっくりきます。

続きましてEncyclopedia
私が「設定資料集で一番好き」な項目です。
もう楽しくて楽しくてにやにやしてしまいます♪
Fate/stay nightの没ネタ「ロリキャスター」Fate/Zeroの没ネタ「ちびアサシン」
うぉおおおおおおおおおおおおおお!!
藤ねぇってば世界の抑止力並かよ。
タイガぁああああああああああああ!!
ほらね♪(・・・ナニが?)
とりあえず藤ねぇ(学生ver)の可愛さは異常。

さらにWepons
まさしくメカニックデザイン!!
まさかヴィマーナのイラストがあるとは・・・さすがにビックリです。
でもギル様らしくて素敵。
武器、兵器はやっぱり燃えるぜ!個人的にV-MAXはオリジナルのほうが好みですが。

最後にTalk
Fate/Zero虚淵玄氏とFate/stay night奈須きのこ氏の対談。
楽しくて顔が危険なことになりました。
危険物ですよ、このお二人。(笑)(失礼なことを言うな)
もちろん上辺だけの方々ではなく、深いところまで構築しているからこその面白さです。
う~ん、素敵。
で、この対談を読んで一番ショックだったこと。ウェイバーが「〇×△◇☆凸凹」だったこと!
そういや大戦略が・・・と思って確認しちゃいましたよ!!
私以外のファンの方は御存知だったんでしょうか・・・私、ち~っとも気がつきませんでした。
「ファック!!お前は最悪の日本人だ!」

もう本当に大満足でした。やっぱりFateは素晴らしいです。

さて、またFate/Zeroを1巻から読み直すか!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。