上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.12 ぶ~らぶら
時間もお金もないのに三重だの和歌山だのに出かけている今日この頃。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

ごきげんよう、熊です。
とりあえず
鋼の錬金術師がイマイチな感じでショボーン
(´д`;)



さて、春の新作アニメは録画してみてなかったり録画し損ねたりと散々な出だしなわけですが
クイーンズブレイドがエロなのは理解した!
・・・まぁ監督が監督だしね。
で、それ以外に観たのが「けいおん」
もとが4コマ漫画だそうですが、結構面白いかも?
さすが京アニ!っていうようなブランド信仰はやめておこう、うん。
ともあれ
澪ちゃんがかわいいから好し!!
「捏造スンナ」が可愛くて素敵。
そして「女性ベーシスト」が大好きな熊歓喜(笑)
まだ一話しか観てないからなんともいえませんが、先々が楽しみな作品です。

感想を書く暇がないのは残念ですが、今期もアニメには期待!ですね。
まぁ観る暇もなさそうだけどな!!
2009.03.15 叫び
久しぶりだと何を書いていいかわからない、そんな日曜日。
でももうすぐ月曜日(涙)

ごきげんよう熊です。
時間の流れは残酷ですな。


さて、なんとか一ヶ月以内に更新できる今日この頃です。
いやはやホント、ご無沙汰です。
まぁ立ち寄る人が極少数なんですが
なんとか生存報告できました。

しかし辛い、辛すぎる!!
毎日毎日鬱憤が溜まっていきます。
言いたいことは山ほどあれど、それは私だけではないはずです。
皆さんも同じでしょう。
生きていくうえで辛いことはたくさんあります。
この場で愚痴を言っても始まらぬ。
王様の耳はロバの耳!!と大声で叫んだとしても、そこに生えた木で笛をつくろうとも
みなが思っていることならば、誰の心にも響かない。
しかし、言いたくなるのもまた事実!
ここは熊のブログ、私が大声をあげられる唯一の場所!!
ごめんなさい、今日の私は恥知らず。
さぁ、今、ここで声を大にして叫びましょう。












ストライクウィッチーズ第二期決定万歳!!
パンツじゃなくても恥ずかしいと思うが
それはそれでよし!
ふふふ、期待度大ですな。

・・・・・・正直不安も大ですがね。




燕・石川、愛息名前“大耀の栄寿”で勝つこちら
親の特権とはいえ・・・・・・ねぇ・・・・・・

ごきげんよう、熊です。
もうちょっと何とかならんものか。
名は体を現すといいますが、とんな風に現すのでしょうね。


さて、本日はショッキングなことを。
「ストライクウィッチーズ」が文化庁メディア芸術祭「審査委員会推薦作品」にこちら
誰だよ推薦したヤツ!(笑)
色々大丈夫か?と問い詰めたい。
いやまぁ
大好きな作品ですけどね!
勇気があるなぁ。それとも裏に何か?

どちらにせよ
最後まで残る事はないと思いますが(笑)
正直、私の中で2008年上位ランキング間違い無しのアニメなので素直に嬉しいのですが
国としてはどうよ?てな感じですね。

そうそう
これを期に第二期決定!ってのは、どすか?
福岡、櫛田神社に「ハングルおみくじ」登場-日本の文化を伝える一助にこちら
気持ちはわかるのですがね・・・・・・

ごきげんよう、熊です。
文化側が不必要な妥協をしてどうするよ。
文化の意義がわからないのか?


さて、本日は機動戦士ガンダムOO 2nd #09 拭えぬ過去の感想です。
今回はサーシェスの出番有り(笑)
よかったよかった。
体の半分が消し炭になっても復活できる貴方が素敵です。
生きていられたことがな!

そんなサーシェス無双で始まった今回ですが・・・
サーシェスが強すぎます。
2対1でも問題ないぜ!
ミスターブシドーは好敵手だけど、サーシェスは悪役だね。

リジェネはイノベーターの中でも独自の立ち位置のようですが、リボンズとは「対立」なのか、それとも・・・
そしてお嬢様の扱いが第一期に比べておざなりすぎます(笑)
さらにストーカー化してきたスミルノフ息子。
まったく、碌なヤツがいねぇ。

「無礼な!上官である私を侮辱する気か!」
というセリフに
お前が言うな!!と突っ込んだのは私だけではないはずだ(笑)

おせっかい刹那。
沙慈への優しさが泣けますな。
おせっかい刹那。
ロックオン弟はいいヤツ・・・なのか?格好いいからいいんだけどね。
おかげでティエリアは悩んじゃってるけどな!(笑)

カタギリ・・・まさかヤツは
ミスターブシドーの正体を知っているのか!?
しかし自分で名乗った名前じゃないのね、ブシドーは。
「迷惑千万」にしろ「合点承知」にしろ
例えば英語ならどういう表現になってるのでしょうね。
まぁカタギリは日本人の系譜だろうけどさ。

悩むティエリア。これって死亡フラグか?
活躍できないコーラサワー・・・はいつものことか。
一話にでてきていた艦橋員。艦長になって登場するも瞬殺される。
哀れよのう。
敵艦からのメッセージで敬意を評する。
どこかの帝国軍と同盟軍のようですな!
スメラギ対マネキンの戦術予報戦が見れそうですな。
いまのところスネラギが少し有利なのかな?
まぁ相手の手の内を知っているだろうから、これからのことはわかりませんが。

今回は宇宙に上がっただけという感じでしたが、まぁそこはそれ。
次回への伏線もあることだし、よかろう、うむ。
次回予告も色々楽しそうになってましたが
沙慈はマリー経由でルイスのアロウズ入隊を知ることになるのかもしれませんね。
また一波乱ありそう。

次回も楽しみです。
幻想的「光柱」出現 対馬沖の夜空にこちら
これは美しい・・・

ごきげんよう、熊です。
こんな景色を実際に見てみたいなぁ。
自然は時として人の心を・・・やめとこ、文章にすると陳腐になる(笑)


さて、本日はとらドラ! 海にいこうと君はの感想です。
そのDVDはくだらなさすぎるぞ!
同じ夢を見るなんて、竜児と大河は感応してるのか?(笑)
まぁ二人とも、互いにくっつくことは考えていなさそうですが。
そしてやっちゃんはなにか事件を起こしそうだ。

賭けに負けて(?)「竜児とみのりんくっつけ大作戦」を展開することになった大河ですが
どうにも頼りないと思うのは私だけ?
いまどきワンピースにつば広の帽子(ピクチャーハットか?)を着用するとは、大河は本当にお嬢様だな。
そうそう、みのりんと北村。
人通りのある場所でそんなパフォーマンスは邪魔だろうが!
俺も混ぜろ!(黙れ)
その昔、早朝の東京駅で馬鹿話をしていたら、拍手されたことを思い出しました。
いわゆる関西弁で話してたからなんでしょうね・・・
そして肌を出して行動している現役モデル亜美たんに違和感バリバリです。
日焼けするぞ・・・

海辺に別荘とは。亜美たん、良い御身分です。そして
掃除という単語で喜ぶ竜児に惚れた。
ナイス主夫。君の将来は英霊だ!
そんな未来の英霊は
ツンデレ娘にからかわれて大河に泣きつくのであった。
あれ、違う作品だよね?(by Fate)
あ、会話から察するに、大河はまだはえt・・・自重します(笑)

女性陣は足やら腋やら露出度が高いなぁ、なんて思っていたら
一番高いのは北村でしたとさ♪
って、そんなオチはいらねぇんだよ!!
みのりんもわかってやってるんだろうなぁ。

おかしなテンションで話は続く今回ですが、ちょっとやりすぎな気がしました。
高校生の男女のみで外泊とか、妙な恋愛騒動とか。
嫌いじゃないのですが、もっとこう・・・しっとりというかまったりというか・・・
二人っきりの部屋でナイトテーブルの上の灯りしか点いていないとかありえんだろうに。
確かにそのほうがドキドキするんだけどさ!
なんつーか、深夜アニメだからかもしれませんが、対象年齢高すぎねぇ?
そんな風に見てしまったオタク暦十数年の熊でした。
最近アニメが素直に見れないなぁ・・・

なんて思っていたら
みのりんと竜児の会話が素敵過ぎたぜ!
それにしても深い会話だ。
というか深読みできる会話なのかな?
やっぱり万人向けのアニメじゃないよな、これ。

なんか大河から竜児へのフラグがビンビンにたってるわけですが。
どないやねん。

面白いんだけど、なんかだれてきた印象がありますな。
原作がどうなっているのかはしりませんが、お互いの恋を応援するという大前提があるために、これ以上進展できなくなっている感じかな?
少しずつキャラの内面がでてきているので楽しめますけどね。
ここらで一発盛り上がる展開が欲しいですな。
安易な腋見せにはしらないでさ!
え、嫌いなのかって?
愚問!!(おい・・・)
以下は自重します(笑)

次回も楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。