上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.20 ぐっど・・・
夕飯の買い出し先のスーパー。
精肉売り場にて、若いカップルの会話。
「知ってるか?どこかの国じゃあ豚肉は喰っちゃいけないそうだぜ」
「そーなんだー、かわいそー」
熊(国というより宗教では?)
「じゃあ牛肉も駄目なのー?」
熊(何故そうなる?)
「駄目なんじゃね?血が出るのは」
「へー、変なのー」
熊(いや、君たち・・・)
「あ、ハムなら血が出ないから大丈夫なんじゃない?」
「お前すごいな、天才じゃん!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ハムは豚肉だ!!


ごきげんよう、熊です。
この先日本はどうなるのでしょう?

さて、数日前に衛星放送から録画したままで観ていなかった映画
「グットモーニング、ベトナム」をやっと観ました。

グッドモーニング,ベトナムグッドモーニング,ベトナム
(2006/01/25)
ロビン・ウィリアムズ

商品詳細を見る



この作品、日本で放送されたのは1988年とのこと。もう20年も前ですね。
じつは私、この有名な作品を観てなかったんです。
というのも、硝子細工のように繊細な私のココロは(せんさい?)
まだ紅顔の美少年だったころに観た(誰かの過去と間違ってないか?)
「プラトーン」「ハンバーガーヒル」の二作品によって
完膚なきまでに叩き潰されていたのです!!
(・・・!!ガクブルガクブル)
怖かった!本当に怖かったんです、この二作品は!
「銃撃戦とかカッコイイ!」などと思っていた当時の私に、それだけの恐怖と衝撃を残して行きました。
おかげで、当分戦争ものは観ることができなくなりましたね。
それに「グットモーニング、ベトナム」は、だいたいの筋とルイ・アームストロングの名曲「この素晴らしき世界」を知っていたので観た気になっていたんです。

しかし月日は流れ、いつしか紅顔の美少年も厚顔の熊となり
繊細だった硝子のハートも防弾硝子へとスキルアップ(?)しました。

そんなわけで観始めたわけですが・・・
泣いた!全俺が泣いた!!
なんで二十年もの間観てなかったんだよ、チクショ~!
と相成りました。

あまり掘り下げて書いちゃうとネタバレになるので書きませんが
一流の役者ってほんとに凄い!ってつくづく思い知らされた作品でした。
つまりクロンナウア役のロビン・ウィリアムズ
路上パフォーマンスの後、「北」に向かう兵士を見送るその表情・・・
泣きました。本気で泣きました!
そりゃゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞しますよ。

これ以上は書けん!
まだ観てない方とにかく観て下さい!
あとハンカチは忘れないでね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。